体験者の声

体験者の声



難しい方法かと思っていましたが、とてもシンプルで、自然と頭の中に入ってくる感じがします。


東京都在住 岡田様(32)

強迫性障害を発症して17年経ちますが、これまでに出会ったどの強迫性障害に関する教材よりも分かりやすく、楽しんでプログラムを進めていくことができました。

また、本田さんからのいろんなアドバイスや、メールサポートの存在が私にとってとても心強く感じ、安心感を持ちながらエクササイズを進めていくことができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

(中略)

プログラムの第一ステップであるベーシック(基礎編)を読んだだけで強迫観念に対する不安や恐怖が軽減されたのには驚かされました。

これも強迫性障害の本質を理解して、その改善策が明確になったからだと思います。

私は昔から強迫観念は呪いとかそういう類いのものが原因で起こっているのではないかと心配していて毎日が不安で不安で仕方なかったのですが、そうではなくて心理的な要因、つまりは「認識の問題だった」ということが、本田さんの話を聞いてすごく納得することができました。

(中略)

はじめは脳科学や心理学って、難しいものだと思っていましたが、とてもシンプルで、自然と頭の中に入ってくる感じがします。リカバリーマインドメソッドは本当に素晴らしいです。

本当に有難うございました。これからは、本田さんの仰っている「人間的進化成長」を遂げ、もっと素晴らしい人間になっていきたいです。

色々なご助言に心から感謝しております。



数字や回数に対する恐怖がなくなりました。


鹿児島県在住 米倉様(28)

本田先生、こんにちは。私は幼いころから強迫性障害に悩み続け、それが原因で会社を3回クビになりました。

私の場合、ある特定の数字や回数にひどく恐怖や不安を感じ、動悸と眩暈に苦しんでいました。特に4と6という数字に対して、思考が止まりそうなぐらいの何とも言えない恐怖感に煽られていました。

はじめて就職した会社では主に事務処理を担当していたのですが、パソコンにこの数字を入力するだけで手に冷や汗をかき、倒れそうなぐらいのひどい立ちくらみに襲われたのは一度や二度ではありません。

そのため数分で終わるような書類作成にも数十分かかり、「役立たず」や「使い物にならない」などの罵声を浴び、ついにはその会社をクビになったのです。

その当時はどうすることもできず、塞ぎがちな日々を過ごしたものです。それから、再就職した会社でも同様の理由でクビになって…

そんな自分を変えたい一心から、このプログラムへの参加を決意しました。正直プログラムに申し込む前は、不安と言うか、「これでダメだったらどうしよう」とか「もう人生終わりだ」という恐怖はありました。

これまで何を試してもダメだったため、どうしても前向きに考える事ができず、今回せっかく頂いたプログラムも斜に構えて取り組んでしまっていたのですが、読み進めていくうちに自然とそのような後ろ向きな感情が消えてゆき、素直な気持ちで最後まで読む事ができました。

とても分かりやすく、そして不思議な説得力があるテキストでした。

また、セルフワークプログラムという点も、自分の時間に合わせて読み進めていくことができたので、無理なくエクササイズに取り組むことができ、またとても好感が持てました。

強迫性障害という問題の本質というか、真実というか、「あぁ、こういうことだったんだ」という気持ちが芽生えてからは、不安や恐怖が段々と消えていくのがわかりました。プログラムを終えてから、もう3ヶ月が経過しますが、強迫観念に対する恐怖や予期不安は、もうありません。本当に自然と消えていくのですね。

最初は改善したという実感が全くありませんでした。

ただ、「あぁ、自分は改善したんだ」ということを一番実感できたのは、今まで恐怖を感じていた数字を見ても何も感じないというか、何の恐怖も感じなかったときです。なぜそんなに恐れていたのかさえ、今では分からないぐらいです。

本当に参加して良かったと思っています。本田先生、有難うございました!

今は就職活動中ですが、本田先生のようになにか社会の役に立つ仕事がしたいと考えています。



かなり改善されたという実感です。


熊本県在住 山本様(65)

すべてのプログラムが終わりました。まだもう少し時間がかかると思いますが、かなり改善されたという実感です。

また、先生のサポートメール、本当に力を与えられました。

単に強迫性障害が治ったということだけではなく、自分の本当の真価を知り、前向きに心配してゆくことで、自分の感情をコントロールすることができる。

そして、自分の人生を幸福と生き生きしたものに変えてゆくことができると信じています。

強迫性障害はついでに治っていることでしょう。

先生の手をいつもより長く洗ってみた、、、というメールの内容は感動しました。近い将来、先生に強迫観念はもうなくなりましたと、ご報告できると思います。

このプログラムは本当にすばらしいものだと思います。今後もメールを楽しみにしています。感謝を込めて。



毎日手放せなかった薬が、自然と減らせるようになりました。


静岡県在住 村上様(33)

私は、典型的な強迫性障害で、何度手を洗っても、不安なことばかりが頭をよぎり、手を洗わずにはいられませんでした。

それで、心療内科を受診していろんな薬を処方されたのですが、次第に処方された薬を手放すことができなくなり、その量は増えていくばかりでした。

しかし、このままではいけないと危機感を募らせ、インターネットで本田先生のプログラムを見付けたのが、参加するキッカケでした。本田先生の仰る通り、このプログラムは薬に頼ることなく改善していく方法なんですね。おかげさまで、毎日手放せなかった薬を自然と減らせるようになりました。

これも、「強迫性障害を本質から改善した結果」だと実感しております。

これを機に薬とは縁を切るつもりです。

(中略)

ベーシック(基礎編)で、強迫性障害に関しての正しい知識がついたことが良かったと思います。これで、ずいぶんと不安や恐怖がなくなりました。読んだだけで強迫観念が軽減されるというのは本当だったんですね。

まだたまに、何度か手を洗ってしまうことはありますが、それでもずいぶんマシになったと思います。エクササイズを重ねていくうちに、ゆっくりではありますが、着実と成果が出ていることがモチベーションにも繋がります。

(中略)

長々と書いてしまいましたが、本田先生のプログラムは、強迫性障害だけではなく、どんな問題でも解決できるプログラムだと思います。自信や自尊心が身に付きましたし、新しい自分に出会えたと思います。

これからも繰り返しエクササイズを行い、もっと魅力的な人間に成長していきたいです。



誰にもこの悩みを言えなかったけど…


大阪府在住 匿名希望様(30)

この度、本田先生にお礼を言える事がとても嬉しいです。 プログラム購入前は色々と相談に乗ってくださり、本当にありがとうございます。 

教材は予想以上の内容で驚きました。

今まで買ったどの教材よりも強迫性障害に対する内容が具体的で、改善のロジックも理にかなっているというか、「セロトニンを増やしましょう」とか「恐怖がなくなるまで耐えましょう」とか、そういう今までさんざん言われてきたこととは一線を越えていて、「あぁ、やっと救われるんだ」と肩の荷が下りたのを今でも覚えています。

私の場合は、人よりも理解が遅いと思うので、プログラムを2回行い、2ヶ月以上かかりましたが、今は強迫観念が頭に浮かぶことがほぼ無くなりました。

また、プログラムを進めていくうちに、「自分が何故強迫性障害になってしまったのか?」ということが理解できたので、今までの言動がすべて腑に落ちた感じです。 

(中略)

今まで幾つかの強迫性障害を改善するプログラムを買って試したのですが、どれも私には分かりづらく、なかなか理解できないでいました。

その点リカバリーマインドメソッドは、

「強迫性障害がどういったものなのか?」、「何故起こるのか?」、「どうやって解決するのか?」という点がすごく明確で文章も読みやすく、

気が付いたら強迫観念が頭に浮かばなくなっていたのが、とても印象的でした。

私の個人的な意見ですが、「今現在、強迫性障害を根本から改善に導いてくれるものっていうのは、このリカバリーマインドメソッドを除いて他にはないんじゃないのかな」って思っています。

これまでは、あと何十年も生きていく自信がありませんでしたが、もう人生に不安はありません。本田先生に出会えたこと、ほんとうに感謝しても感謝しきれません。



強迫性障害のメカニズム、そしてその原因がすごく明確になりました。克服の手ごたえを感じています。


高知県在住 西村様(34)

本田さんへ

はじめまして、西村と申します。私はまだ、第1ステップであるベーシック(基礎編)をスタートしたばかりなのですが、すでに強迫性障害改善の手応えを感じております。

なぜなら、今までいろんな書籍を買ってみても、いまいち理解できなかった強迫性障害のメカニズム、そしてその原因がすごく明確になったからです。

それだけでなんというか、今まで得体の知れないものへの恐怖感というのが消えてなくなった気がします。このペースで第2ステップであるプラクティス(実践編)に進んでいくと、きっとすぐに強迫性障害を改善してしまうでしょうね。

そこで思ったのが、なぜこんなに素晴らしいものが強迫性障害に悩んでいる多くの人たちにあまり知れ渡っていないのか…

「これを知ることができればたくさんの人たちが救われるのに」と考えずにはいられません。私も近い将来、本田さんのように強迫性障害で苦しんでいるひとを助けるための活動をしていけたらと思います。

そのために、まずはこのプログラムをしっかりと実行していきますね。この病気のせいで、今まで辛いことばかりでしたが、これからは前向きに頑張っていけそうな気がします。

私の人生、まだまだこれからです。



このプログラムに出会えて本当に良かった!


千葉県在住 近藤様(22)

ベーシック(基礎編)を読み返すと、理解しているつもりが、改めて気づかされることが多いです。特に最近は、「紙に書く力」を再認識しました。

リカバリーマインドメソッドはほんとに読みやすいので、スラスラと何度も読み返してしまいます。

(中略)

先日、就職活動の2次面接を無事通過することができました。

今までだったら、こういうすごく緊張する場面に直面すると、決まって重度の強迫観念にうなされ、ひどいときは錯乱状態になってしまっていたのですが、そこには何の不安や恐怖がなく、すごくリラックスした状態で自己PRをすることができました。

1次面接とは違っていろんな突っ込んだ質問がある中、落ち着いてしっかりと志望動機を言えたのも、リカバリーマインドメソッドに参加したおかげだと思っています。

「このプログラムに出会えて本当に良かった!」

そう実感した瞬間でした。

もしもこのプログラムに出会っていなかったら、いまだに強迫性障害を克服できていないでしょうし、2次面接はおろか、1次面接で落とされていたことでしょう。

まだ最終選考が残っていますが、この調子だとなんとか就職先も無事に決まりそうです。

それに、最近は、毎日がすごく充実していています。今は強迫性障害を克服するとかしないとか関係なしに、時間を見付けてはエクササイズに取り組んでいます。そして、自分の成長を再確認しています。

本田先生、本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いします。



強迫観念が頭に浮かばない…そんな当たり前の毎日に、すごく幸せを感じています。


東京都在住 高橋様(58)

40年間、強迫性障害に悩まされた人生は、思い出したくもない辛いことばかりでしたが、今はとてもすがすがしい気分です。

すべて本田様のお陰です。

いつ強迫観念に襲われるか分からないという不安は、もう嘘のように消えましたが、これはなんとも不思議な感覚だと実感しております。

本田様が以前おっしゃられていた、「覚えてはいるけれど、実感がない」という言葉、今は頷くばかりです。

「強迫観念が頭に浮かばない…」

こんな普通のことが、こんなにもストレスを感じることのない快適な毎日だったとは、長い間、本当に長い間気付きもしませんでした。

今までの人生がまるで嘘のように思えます。

(中略)

これまで、強迫性障害が原因で、ささいなことで家族と喧嘩をし、正直、家庭崩壊寸前のところまできていたのですが、このプログラムのおかげで、少しずつではありますが、関係を修復していけています。

これも強迫観念のストレスから解放されたからかもしれませんが、家族に対して笑顔で接することができるようになったことが良かったのかもしれません。

私と同じように、この病に悩み、そして家族や友人との関係をこじれてしまったひとはきっといると思います。

そんな人たちに対して、「それは決してあなたのせいではないんだよ」、「強迫性障害という病気のせいなんだよ」、そして、「それは治すことができるんだよ」と大きな声で伝えてあげたいです。

私は、このプログラムのおかげで、今まで感じたことのない幸せを感じています。

すべては強迫性障害を改善できたからだと思います。まるでもう一度生まれ変わったような気分です。

これからの人生を前向きに歩んでいけそうな気がします。

本当に本当に感謝してもしきれない気持ちで一杯です。

本田さん、ご迷惑かもしれませんが、今度きちんとお礼をさせてください。メールだけでは私の気がどうしても治まりません。



強迫性障害を克服した先にある「本当に大切なもの」が見えてきた。


秋田県在住 稲葉様 (38)

強迫性障害を発症してからというもの、「これから自分は一体どうなってしまうのか?」という不安と恐怖から眠れない日々を長年過ごしてきました。

(中略)

過度の強迫観念と寝不足により心と身体は疲れ果て、途方に暮れていたときに、偶然、本田先生のリカバリーマインドメソッドに出会い、当初は半信半疑でプログラムに臨んでいたのですが、プログラムを進めていくうちに、自分のなかで何かが変わっていくのが、すごく実感することができました。

それは、強迫観念に意識がいかなくなってきたというか、何か、客観的に自分を見ているような、そんな感覚です。

ほんとうに「これまでの不安や恐怖は一体何だったんだろう?」と思えるぐらい、自分の中で確実に変化が起こりました。

そして、それよりももっと大切なものが見えてきたというか…

強迫性障害を克服した先にある「本当に大切なもの」が見えてきたといったほうがしっくりきますが、今までにないほど、人生に希望を持てるようになったのが本当にうれしいです。

なんか呪縛から解放された感じで、今ではすがすがしい気分で一杯です。本田先生には感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。



自分の内側から大きく変わっていくことが強く感じられました。


福岡県在住 伊藤様(43)

私は、昔から机やリモコンの位置や方向が気になってしかたなかったり、封筒の中を何度も確認したり、家族に何度も同じ質問を繰り返したりと、確認作業をどうしてもやめられずにいました。

ばかばかしいとは常に感じていたのですが、止めようと思っても自分の意志では止められず、それに抵抗しようとすると強い不安感に襲われます。それで、家族の勧めもあって本田さんのプログラムに参加することになりました。

率直な感想ですが、このプログラムを通じて、自分の内側から大きく変わっていくことが強く感じられました。

そして、強迫性障害はついでに治っているというか、それよりももっと大事なものを手に入れるためのプログラムだと感じました。

そして、強迫性障害を改善できたことはもちろんのこと、家族や職場での人間関係もよくなりました。

まだ波はありますが、以前のような底なしの不安は全くなく、仮に強迫観念が頭をよぎったとしても余裕があるというか、以前は強迫観念の奴隷という感じでしたが、今は強迫観念の上に立った考え方ができるようになりました。とにかく自信が付いたことが大きくて、それが仕事や家族や友人関係をよくしているのだと思います。

強迫性障害に悩み続けてきた人生でしたが、これからは病気のせいで今までやりたくてもできなかったことを一つずつやっていきたいと思います。

本田先生、本当に有難うございました。



一番の変化は、「自信が持てたこと」と「過去のトラウマから解放されたこと」です。


埼玉県在住 城田様(18)

僕は、幼少期から強迫性障害を患っていて、それが原因でいじめを受けたこともあります。トイレでずっと手を洗っている僕を頭のおかしな奴だと思ったのでしょう。そんな僕をクラスのみんなが変人扱いして、馬鹿にしていました。

その当時は本当に辛くて、何度も悔し涙を流しましたし、こんな自分を呪ったことさえあります。

僕は今年で18歳になりますが、これからのことを考えたとき、2度と同じ思いを味わいたくなかったので、「どうしても強迫性障害を治したい」と、わらにもすがる思いで本田先生のリカバリーマインドメソッドに参加しました。

最初は「強迫性障害だけ治ればいい」と思っていましたが、プログラムに参加しているうちに、自分の中で何かが変わっていくのを、ひしひしと感じました。 

それは、「自分に自信が持てた」ということと、人に対しても自分自身に対しても優しい目で見られるようになり、「過去のトラウマから解放された」ということです。

トラウマになっていた過去のいじめによるフラッシュバックもなくなり、今では僕をいじめてた奴らを笑顔で許してあげることができそうな気がします。

もし、本田先生のプログラムに出会ってなかったら、いまだに周囲から変人扱いされたままだったでしょうし、過去のトラウマをずっとひきずって生きていたと思います。

本当に本田先生に出会えて良かったと思っています。心から感謝しています。

まだ一度もお会いしたことがないですが、本田先生は人間的に本当に大きな方だと思います。最後になりましたが、お体に気を付けてお仕事に励んでください。僕も、がんばります。

これからの人生が楽しみです。



もっと早くに、このプログラムに出会っていれば今頃は…と、後悔しています。


福岡県在住 中込様(53)

はじめてメールさせていただきます。中込と申します。

いつも、ご親切にメールを送ってくださって本当にありがとうございます。私は今年で53になりますが、30年以上の強迫性障害に苦悩した人生を悲痛と絶望と共に歩んできました。どれも本当に死にたくなる様な思い出ばかりです。

何度も「死」という言葉が頭をよぎりました。流石に自殺する勇気はありませんでしたが、雷が鳴れば自分に落ちてこないかと期待したり、悪性の病に侵されないかとか、隕石が落ちてこないかとか、馬鹿で幼稚な思考がぐるぐる回り、情けない日々を送ったものです。

自分なりに強迫性障害を改善しようと、それなりに努力はしてきました。しかし、自分ではどうにもならないことだらけです。自分の無力さに痛飲の日々でした。

複数の心療内科にも通いましたが、どこも決まって「薬の投与」と「暴露療法」ばかりで、これは私には合わなかったというか、そもそも“薬” に対してすごく抵抗があったので、ほんとうに症状が重い時の錯乱状態になったときだけ、服用したぐらいです。

(中略)

つい先日、本田さんのプログラムを6週間実践し終えました。 

今のこの感覚をなんと表現すればいいのでしょうか。頭を撃ち抜かれたというか、全身に衝撃が走ったというか、それでいて心は平静を保っており、何かこう晴れやかな気分が毎日続いています。

そして不思議と強迫観念に対する恐怖が消えている事に気付きました。

強迫観念が完全に頭から消えたことを改善したと言うのなら、私はまだ改善してはいないかもしれません。

しかし、そんなことはもはやどうでもいいと思える程に、私の心は穏やかで優しい気持ちに満ちています。 

実は、6週間プログラムをもう一度はじめから実践し直しています。強迫性障害がどうこうという理由ではなく、これからの人生をより穏やかで充実した、満足あるものにするために新たな気持ちで取り組んでいます。 

「もっと早くに、このプログラムに出会っていれば今頃は…」と、今はそう思わずにはいられません。そうすればきっと私の人生は今とは違ったものになっていたかと思うと悔しくて仕方ないです。



これからは失敗を恐れず、何事にも前向きで目標に向かって進んでいきます。


神奈川県在住 小林様(51)

本田先生、ありがとうございます。「人間的進化(成長)こそが、強迫性障害を克服する唯一の方法」この言葉に救われました。

今まで何をやってもダメな自分がいて、そこで諦めてしまって、失敗を失敗のままで終わらせていたと思います。

今年で51歳になりますが、もっと早くこのロジックに気付いていれば、私の人生もっと良いものになっていたのかもしれません。

(中略)

今までの自分は結局弱腰で、自分を素直に信じることができなかったんですね。成功の可能性は皆平等にある。なのに、強迫性障害を理由に逃げていた自分がいたのだと思います。

これからは失敗を恐れず、何事にも前向きに目標に向かって進んで行きます。

先入観や苦手意識などのリミッターをはずし、リカバリーマインドメソッドを人生の指針として常に活用して、理想の自分を手に入れて見せます。

いまこの一瞬を大切にして、スランプになったり、迷いを感じたときはリカバリーマインドメソッドを何回も読みなおします。

私は先生よりだいぶ年上ですが、スイッチをいれてくださった先生に感謝しています。

先生これからもお身体には気をつけて先生の目標に向かって頑張ってください。

本当にありがとうございました。




サービス一覧














このページの先頭へ